ABOUT

-自己紹介-

神庭 豊 -YUTAKA KAMBA-

1982年生まれ。父親の転勤で埼玉県、千葉県、愛知県、兵庫県…と転居を繰り返しているので、出身地は1番長い期間住んでいる兵庫県神戸市にしています。


第43回社会保険労務士試験に合格。(2011年度)

私のキャリアは専門学校の講師や人材サービス会社(勤務社会保険労務士登録)、そして現在は保険会社勤務…と一貫性がありません。

しかし、いずれの会社も素晴らしい方たちに囲まれて働くことができました。これまでの経験すべてが今の自分の個性・能力につながっていることを実感しています。


趣味はコンビニスイーツ、ミスタードーナツ(ハニーチュロ)、ジョギング(フルマラソン)、沖縄離島巡り。

特技はセミナーの講師をすること、パワーポイントで資料をつくること。

関心領域は労働裁判、HRテック、人材育成。

所持資格は情報セキュリティマネジメント、AWS Certified Solutions Architect – Associate、G検定等、IT関連のものを少々…


自他共に認める、前向きな性格です。

MY PURPOSE

『スポットライトをみなさまに当てる』

自分の人生を振り返ると「人の成長」「人の人生の転換期」に関わることに1番の感動を覚えていました。

専門学校の講師、人材サービス会社での人事の仕事は学生や従業員の自己実現をサポートする業務で、やりがいを持って取り組んでいたことを思い出します。

勿論、自身ではない「他者」が主語になることは想像だにしない困難の連続でした。私は失敗の連続で人と関わることが怖くなる時期もありましたが、それ以上に感動する機会をいただきました。それらの経験のおかげで、今も人事領域に高い関心、魅力を持ち続けています。

誰よりも失敗が多かったことで、多くの経験値を得ることができたと前向きに捉えています。

経営者のみなさまはご自身とは異なった価値観をもった社員を仲間として受け入れて事業を進めていくことかと存じます。

社員が組織理念を理解し、且つ、そのなかで各々の社員が会社の主人公として活躍するためには、会社は経営理念を共有する仕組み、人事制度の設計等、多方面での取り組みが必要です。

しかし、それらはあくまで「手法」であり、何よりも重要なことは対話の機会を設けること、社員に対して関心を持つこと、そして社員にスポットライトを当てて承認することだと考えています。

私は会社、および社員が成長を実感できる組織形成に寄与することを目指しています。規則や規程、フレームワーク作りだけでなく、成功に導くためどのように運用するのかという「プロセス」に注力します。

私の今までのたくさんの失敗の積み重ねで得た経験値がみなさまの課題解決のお力になれることを心から願っています。

このような理念を持って社会保険労務士のキャリアをスタートしたということをご理解いただけましたら幸いです。


OFFICE

神庭社会保険労務士事務所

(かんばしゃかいほけんろうむしじむしょ)

〒160−0023 

東京都新宿区西新宿三丁目3番13号西新宿水間ビル6階

(2023年3月1日登録)

My Promise

私のお客さまに対するお約束ごとをコミットします。

代表によるお客さま対応

サービスのスピードや品質は担当者それぞれのレベルに差異がございます。

弊所のお客さま対応は代表のみが実施することで、お客さまへ安定したサービスをお届けすることをお約束します。

電話相談&WEB会議相談は無制限

お客さまと密なコミュニケーションを実施することを大切にしています。

電話やWEB会議に回数制限を設けていません。土曜日・日曜日・祝日・深夜等をご希望の場合もお気軽にご相談ください。

プロセス共有&納期にこだわる

納期を守ることは当然です。加えて弊所はお客さまに余計なご心配をおかけしないよう、プロセスを共有し、お客さまと弊所の目線が合うことを心掛けてサービスを提供します

限られたお客さまに尽くす

弊所はお取引をするお客さまの数を制限しています。お客さまに相当の時間を費やす、社会保険労務士として自己研鑽を図る時間を確保してお客さまへサービスの還元をすることを目的にしています。